高谷光信ホームページトップへ
新着情報のページへ
プロフィールのページへ
PHOTOのページへ
公演予定のページへ
演奏履歴のページへ
Linkのページへ
お問合わせはこちらから
English page
Profile 高谷光信

京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都堀川音楽高等学校)を経て大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業、キエフ国立チャイコフスキー音楽院指揮科首席卒業。また国家演奏家資格、ディプロマを最優秀の成績で取得。指揮を小松一彦、伊吹新一、田中良和、藏野雅彦、辻井清幸、V.プラソロフ、E.ドゥーシェンコ、N.スーカッチに師事する。

2003年、キエフ国立チャイコフスキー音楽院卒業時、ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団に客演指揮者として招かれ、ウクライナにてプロデビューを果たす。首席客演指揮者(2003〜2006)第2指揮者(2006〜2012)常任指揮者(2012.7〜)現在も定期演奏会・国際音楽祭・国際マスターコースなどで共演を続けている。

同楽団の招致により『ホロヴィッツ国際ピアノマスタークラス』『シベリア国際音楽祭』『ウクライナ国際音楽祭・キエフ夏の音楽の夕べ』またウクライナを代表する国際音楽祭である『バルトケーヴィッチ国際音楽祭』などに出演し、「高い音楽性でソリストを支え音楽祭を成功に導いた。」(KievPost)と高く評される。また2010年より『ウクライナ国際マスタークラス指揮・ヴァイオリン・ピアノ部門』の講師・審査員・指揮者を務める。また世界中の若きソリストと共演する模様は全国放送されている。
2017年3月在ウクライナ日本大使館後援事業〜ウクライナ日本国交25周年「ウクライナにおける日本年」〜角大使御臨席のもと「ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団特別演奏会」(2017.3.18 / 3.20)に指揮者として出演する。また日本から「アンサンブルつるみ合唱団」や日本人ソリストも出演しTV・新聞にて大きな話題として報じられた。

現在までに東京混声合唱団、Osaka Shion Wind Orchestra(旧大阪市音楽団)、大阪交響楽団、兵庫芸術センター管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、名古屋演奏家ソサエティ、テレマン室内オーケストラ、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、東京室内オーケストラ、愛知室内オーケストラ、エウフォニカ管弦楽団、神戸市室内合奏団、ナゴヤディレクターズバンド、ブラスパラダイス大阪、キエフ音楽院管弦楽団などを指揮。

ヴァイオリニストのE・ケシャーエバ、豊嶋泰嗣、沼田園子、ピアニストの近藤嘉宏、江口玲、塩見亮、崔理英、池本三太、A・イエーメッツ、D・オニシチェンコ、テノール歌手の秋川雅史、田原祥一郎、松本薫平、竹内直紀、小餅谷哲男、バリトン田中勉、ウズベキスタン音楽集団『SHOD』など国内外の著名な演奏家と多数共演。
《題名のない音楽会》(Osaka Shion Wind Orchestra2015年11月23日放送)にTV出演。

歌劇においては「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「ヘンゼルとグレーテル」「ラ・ボエーム」「こうもり」「カルメン」「弁慶・八岐の大蛇・箱入り女房」を指揮。

大阪芸術大学演奏学科

客員准教授

名古屋芸術大学音楽学部・同音楽院

非常勤講師

武庫川女子大学音楽学部

非常勤講師

京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会

非常勤講師

みやこオペラ京都合唱団

指揮者・代表

ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団

常任指揮者

第16回京都芸術祭京都市長賞受賞。
2012年7月ウクライナチェルニーゴフ州文化功労賞受賞。

オフィシャルホームページ http://m-takaya.com/

(2017年4月現在)